勘違いされやすい、化粧品を男が使うことの大切さ

購入するルート

フェイシャルエステをしてもらっている男性

抵抗感が生まれる理由

男性化粧品は、今まで美容に興味がなかった男性から、興味はあったもののなかなか挑戦できなかった男性、そしてすでに積極的に美容に取り組んでいる男性まで全てに適用できる製品です。ここで重要なのは、美容に興味があったけれども挑戦できなかった男性が、なぜ挑戦できなかったのかという点です。これに関しては様々な理由を考えることができますが、男性の多くは化粧という言葉のイメージから、化粧品を購入することができないという理由が大きく作用していると考えられます。その抵抗感をさらに強めているのが、化粧品を販売している場所の多くが、女性向け製品の陳列してある場所であるという問題です。加えて、製品のボトルやラベルも女性的なイメージのデザインがなされていることが、より男性を遠ざける要因になっていました。そこで、男性化粧品ではまずブランディングから一新して、男性が気軽に手に取ることができるようにすることを考えています。ボトルのデザインを男性的なイメージにして、男性が使いやすい新ブランドを立ち上げるなど、気軽な利用ができるように配慮したこと。これが、男性化粧品が男性のニーズを満たすことができる理由の一つになっています。

販売場所も変化

男性化粧品の特徴として、販売されている場所が大きく変化している点にも注目できます。従前であれば女性用のメークアップ化粧品の近くに陳列されることが多かった製品が、新たなブランディングが行われたことで全く違う販路を開拓できました。例えば、ドラッグストアにおいては男性向けの整髪料などが陳列されている場所に同じように並べられています。また、コンビニエンスストアでも、男性向けヘアワックスと同じような感覚で手に取ることができるのが男性化粧品です。加えて、通販で購入できる製品が増えてきているのも男性化粧品の特徴です。通販で購入すれば、人の目を一切気にする必要がありません。デザインやブランド、そして取扱ルートなど多くの抵抗要素を除去することで、男性化粧品は男性が気軽に使いやすい製品になっています。

↑ PAGE TOP